転がる石 中野コーティングのブログ

転がる石 - 中野コーティングのブログ

デッキチェアーの補修

連休明けの日、屋上のデッキチェアーの塗替えをすることになりました。

13年位前に塗装したものの塗替えを致します。

上の写真のチェアーのほかに奥にある同じ形のチェアーも塗り替えます。

上記の通り、以前塗装した時から13年の月日が経っており、下地調整をした際に2箇所の腐食していたチェアー部の板を交換することになりました。

×印のほかにもう1ヶ所あります。
裏側はこうなっております。

今回の下地調整は劣化が激しく、大型のベルトサンダーを使用しました。

使うときは、かなり力を使います。

木材保護塗料(オスモカントリーカラープラス ダークブラウン)を塗装します。

今回は古材状態が悪かったために予定の倍以上の材料を使いました。

※因みに素材の状態が悪くなければ、1回塗でも十分な塗料です。

そして完成。

奥側です。
手前です。

今回は4日間もかかりました。

詳細はこちら>>

2021.05.13

見本板の作成

4月の雨の日、試し塗りをした板をケレンして新しく見本板を作成しました。

ケレンの様子です。
途中経過です。

このサンダーによるケレンは力加減が難しく、下手をすると板の形が変わってしまうことも

ありますので、そっとペーパーの上に充てるぐらいで行っております。

詳細はこちら>>

2021.04.14

デッキ材にキシラデコール

本日は取引先の工房にてデッキ材の塗装を行いました。

写真のように、キシラデ等の木材保護塗料を均一に塗装する際には写真にある

小手刷毛(こてばけ)が大いに有効です。

この他に角材一本、デッキ材残り14本(合計15本)を塗装しました。

詳細はこちら>>

2021.04.08

建築雑誌に載りました!

昨年塗装した現場(新築アパート)が、建築雑誌に取り上げられました。

掲載された雑誌です。
146ページの写真です。
188ページ、社名が載っております。

今回は大きく活躍する場面はありませんでしたが、

設計屋さんの厳しい目にも適応しています。

詳細はこちら>>

2021.03.01

アレスシックイ

先日紹介したお宅の台所を、漆喰を使った材料で補修することになりました。

外部に面した壁にカビが生えました。

シーラーを塗った後に上塗をしていきます。

上塗1回目です。

2回目の上塗は1回目よりも、厚く塗ってゆきます。

上塗2回目作業中

そして、これが完成です。

今回は、環境にやさしい(結露抑制、消臭、抗菌・抗ウイルスなど)漆喰塗料

(アレスシックイ)を使ってみました。

詳細はこちら>>

2021.02.22

下見板にクレオソート

木材保護塗料(クレオソート油)を先日 塗装したのですが、もともと残っていた塗膜があり、吸い込みの差が目立ったので、再度塗装しました。

これが(再度)施工する前の写真です。吸い込みムラが目立ちます。

そこで前回とは塗装の仕方を変え、新しい道具を使うことになりました。

これがコテ刷毛という道具です。

前回は刷毛を使いましたが、今回はコテ刷毛を使い下見板を塗装しました。

このコテ刷毛は材料を含みやすいため、多くの塗料を効率よく塗ることができます。

右半分が塗り終わっている下見板です。
作業終了後の写真です。

このように作業した結果、吸い込みが均一化され ムラなく塗ることができました。木部は、塗り重ねていくと黒くなる傾向があります。

追伸:もちろんご主人に喜んでいただけました。

詳細はこちら>>

2021.02.19

自画自賛

本日、現調に向かったお宅…。

5.6年前に外壁と室内を当社で塗り替えましたが、下の写真①庇に汚れが付いたので再塗装しようと思ったのが、お客様自身で水洗いをしたら右半分のようにキレイになったので、今回は塗装工事なし。

矢印のようにキレイになりました。

次に室内(ダイニングキッチン)は、外壁に面する箇所にカビの発生が見られましたが、

丸の中がカビです。

その他の部分は、いたってキレイ…。

ウチもイイ仕事したな…(自画自賛)。

ちなみに今回カビの発生した箇所は、漆喰(しっくい)の塗料(アレスシックイ)を塗装しようと思います。

似たような材料に珪藻土(けいそうど)があるのですが、しっくいの方がコロナに効果があるそうです。

詳細はこちら>>

2021.02.09

年賀状の返信

本日、このような年賀状の返信が来ました。

フランス語交じりです。

昨年、外壁の一部を塗り替えたお客様からのこのような手紙が私共の励みになります。

詳細はこちら>>

2021.01.28

幸手にて

1/22に幸手にて、足場の控えの部分を組み替える盛替えという

作業を行い、塗装していなかった部分を施工しました。

写真でもわかる通り、足場が当たっていた部分は傷んでいます。

上の写真にあるように、ケレン(研磨)を行ってから錆止めのタッチアップ(補修)

を行い、他の部分と同様に上塗しました。

詳細はこちら>>

2021.01.23

小平の防腐剤

大寒の日、小平の現場で木部外壁に防腐オイルを塗りました。

塗装中

下見板がクレオソートで塗られていたので、同じものを塗りました。

塗装した箇所と塗装前の箇所です。

少々変わったにおいがしました。

詳細はこちら>>

2021.01.21
1 2 3 4 5 6 12
メールでのお問い合わせはこちら

PAGE TOP